日々雑感的な日記

思ったこと考えたことを書いていく。IT系の話題が多くできればいいな

広告収入に向けて

GitHub Pagesでのサイト運営を工夫するようにした。

当初はクラウドソーシングのみについて作っていくつもりだったが、今後は消費税と投票率をネタにしたものも含める。

https://inomoto-hironobu.github.io/files/消費税と投票率.html

以前ちょっとした思い付きで書いた記事が元だが、案外行けるような感じがしたので、今はまだ途中だが発展させて完成させていきたい。

そして、ここでGoogleAdSenseで副収入を得られるようにしたい。

投票率と消費税

前回、先月の参議院選挙が始まる前に投票率について書いた。
inmthrnb.hatenablog.com
投票率を上げるためには金を配布すべきと、思い付きで書いてみたのだが改めてこの方法の利点を整理してみたい。
また、これは消費税と組み合わせることで、特に10月からの増税と軽減税率の同時施行のデメリットをどう減らすかの観点も持つ。

税収

まず財務省の税収の推移を見てみよう。
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/010.pdf
消費税の税収は2017年度だと17兆円程度だ。
これが10月になると2%上げの10%での税収となる。
しかし問題は軽減税率だ。これは面倒を増やすことになる。
確かに低所得者向けには助かる面もあるかもしれないが、社会の仕組みが複雑になる。
少子高齢化と人手不足の時代で余計な手間を割さける余力などあるのだろうか。

投票時の金銭配布

これは投票での金銭配布で大雑把だが代替できる。
まず、投票時の金銭配布にかかる費用はどのくらいだろうか。
1億人の有権者と配布金額が1万円なら1兆円程度だ。
これは前回の記事で書いた。
これは消費税の税収からすればそう多くはない。
ただ、選挙と名の付くものすべてにこのやり方では費用がどれだけかかるか分からないのでとりあえず国政選挙だけと考える。
そして所得の関係はどうなるだろうか。
低所得層ならそれだけ消費税として納める金額は少なくなるが、もらえる金額は高所得者と変わらない。
これは低所得者に利点がある。
もっとも消費税自体が低所得層に不利な面もあるかもしれないが、今回は考えない。

と、書いていきたいところだが、疲れた。
また後日。

データと計算手法の集積

で、こういったことをまとめるHTMLを用意した。
消費税と投票率
ここではデータや計算を詰め込みたい。
どんどん更新していければいいが。

クラウドソーシングをネタにAdSenseで収益を得たい

現在ではブログの広告で稼ぐ方法としては何があるだろう。

よくある方法としてはWordPressでブログを作って好きに広告を貼り、記事はどこかで発注して手に入れるのが一般的かもしれない。
私もそうやって副収入を得たい考えがあったが、今はそのような気持ちはない。
というのも良く行われているブログの広告で収入を得る方法はとても効率が悪い。
常に大量の記事を作らなければならないし、安定した収入が得られる保証はない。
創意工夫のない粗製乱造方式はいまや稼ぐ手段としては成り立っていないのではないか。

かといって副収入を得たい気持ちはある。
そこで少し工夫をしてGitHub PagesとAdSenseを利用して稼ぐ方法を試している最中だ。
それは前回の記事で少し書いた。
inmthrnb.hatenablog.com
今回はもう少し具体的に書いてみる。

GitHub Pages

まずGitHub Pagesのクラウドソーシングについてでクラウドソーシングに関するネタをまとめようとしている。
現状ではまだ未完成だが、少しずつ充実させていく。そして、このHTMLにAdSenseを貼り収益を得たい。

ブログ

このページに誘導するためにこのはてなブログを有効活用したいと思っている。
私自身で記事を書くのはもちろん、クラウドワークスで記事を発注することも考えている。
その場合は受注者の情報も併せて記事として配信する。
こうすることで受注者を引き付けつつ受注者が自発的に記事を拡散してくれることを期待するからだ。
もしかしたら、発注価格を低くすることもできるかもしれない。

流れ

まずブログでアクセスを増やし、ブログからGitHub Pagesへと誘導する。
もちろん検索からGitHub Pagesへの流れも期待したいし、SNSからの流れも作りたい。
そうやってGitHub Pagesのアクセスを増やして収益を得る。
複雑な流れだが、この利点は記事の大量生産に頼らずに済むことだ。
GitHub Pagesは適宜に更新していけばいいので内容を集約できる。
これは読者にとっても検索者にとっても利益があると考える。

終わりに

と、こんな感じのことを考えているが、うまくいくかどうかは分からない。
収益は月5万円、経費は月1万くらいをとりあえず目標にしているが、あまり現実的ではないかもしれない。
ブログのカスタマイズも工夫する必要がある。
しかし、何もせずただ周りからの金の流れをもらうだけなのはいやだ。
自分で金の流れを作り出したい。

母親にランサーズを活用してもらいたい・その2

これからの予定

前回は母にランサーズをしてもらうつもりである事を書いた。
まだ始めてはいないがおそらくやることになるだろう。
そして指導と助言や実際の作業の多くの部分は自分がやることになる。
もちろん、母がコツを掴めば母1人でもできるかもしれないが、必ずそうなるとは言えない。
二人組での作業はずっと続くだろう。

一方で自分はクラウドワークスで記事を発注しそれをブログに掲載し、アクセスを稼ぐ。
発注はランサーズでもやるかも知れないが、とりあえずクラウドワークスのみで発注する。
そしてそこからGitHub Pagesのクラウドソーシングについての文書に誘導し、Google AdSenseで副収入を得る手段を確立したい。
ブログでGoogle AdSenseを使わないのはブログではかなり雑多なことを書いていきたいが、そうすると審査に引っかかるし、ブログで副収入という手段は近年ではあまり効率のいいものではないと考えているからだ。
現状ではまだ収入を得られないのでとりあえずコンテンツの充実を図っていく。
このようにして関心をより集めつつ、受注の単価を上げる流れを作り、母の収入増を後押ししたい。
こうやって金銭面の不安を解消し生活を立て直し就活体制を万全にするのだ。

経費

クラウドワークスでライティングの発注をするためその分は費用は掛かる。これはGitHub Pagesでの収益に必要だ。
Markdownの意見を募集するのにも費用をかけることになるかも知れない。
母にもある程度の発注をしてもらうことになるかも知れないが、そう多くはないだろう。

見込む収入

・母のランサーズ
・自分のGitHub Pagesの広告収入

母親にランサーズを活用してもらいたい・その1

去年少しクラウドソーシングをしていた。
ただ、今年はほぼ全くしていない。
就労移行支援事業所に通っているため、ほんの少しでも収入を得ることができないのだ。

そこで、時間を持て余している母親にランサーズを活用してもらいたいと思っている。
私が直接稼げないので母親を通して受注をして、大部分は私が助けるという方法だ。
振り込まれる報酬は母親の口座でも、家族なので私に振り込む必要はないし、それでも私に利益になる。
また、クラウドワークスもあるなかランサーズのみ利用してもらおうとしているのは、もう老人となった母には2つも利用するのは無理だからだ。

と、こんな感じで行ければいいかな。ちなみにその1というのは今後も書いていくつもりだからだ。

選挙の投票率をあげたいなら

参議院選挙が近い。

しかし、投票率はあまり上がらないだろう。

 

「参院選 どうなる?投票率」(ここに注目!)2019年07月19日 (金)

https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/371370.html

 

という記事をふと見てみたら、あまり投票率は期待できないが義務なので行こう、という論調だ。しかし、与党も野党もダメという雰囲気があるなかで国民の崇高な義務だから行かなくてはダメだなんて呼びかけても無駄だろう。

現状の民主主義の選挙制度は、人間は崇高な義務感を持って喜んで行動する、というおおよそ現実を無視した前提の下での制度だ。

これでうまくいくはずがない。

だが、単純な方法でうまくいかせることもできる。それは投票すると現金がもらえる、というものだ。例えば今回の参議院選挙で投票したら1万円もらえるとしたら、投票率は跳ね上がるだろう。

もちろんその分費用は掛かる。日本の有権者が1億くらいだとしたら、1兆円かかるということだ。でも、それの何がいけないのだろう。

最近は経済が悪い。消費を呼び起こすなら現金を配布するのが手っ取り早い。つまり選挙の投票率の向上と景気対策を兼ねる政策だ。それにもともと選挙には費用が掛かる。1兆円くらい上乗せしてもいいのではないか。

いずれにせよ現状の民主主義は崇高には決してなれない人間性というものを無視した制度だ。もう21世紀になってからだいぶ過ぎた。そろそろ合理的な制度になってもいいのではないか。