日々雑感的な日記

思ったこと考えたことを書いていく。IT系の話題が多くできればいいな

ブログを書くってどういうこと?

ブログ開設してみたけど、ブログには何を書けばいいんだろう。

実は昔、もう何年前になるのか、ブログを開いたことがある。でも、飽きたのかなんなのか一年程度で何も書かなくなった。元々そんなに書いていたわけではないのだけれど、ある時を境にパタッと書かなくなった。CSSをいじったりテンプレートをいじったりなど、ブログをカスタマイズしていくなかフロントエンドの知識を得るきっかけになったり、自分に与えた影響は大きくここからITエンジニアとしての第一歩を踏み出したといっても過言ではない。それなのになぜ?

その後はHTML、CSSXMLと学んで、プログラミングに興味を持ちJavaとかJavaScriptを勉強した。ブログを書くネタはその間に貯まったはずだ。しかし、今までブログを開くことはなかった。なぜだろう?

アウトプットよりインプットに意識が向いていたのかもしれない。しかし、今はアウトプットしたい願望とでもいうのか、頭にあることを外に出したい欲求があるように思う。自分では分からないがなにか変化があったのだろうか。

そして思う、ブログを書くってなんだろう。これをして何になるんだろう。今はツイッターだってある。IT関連の記事を書きたいならQiitaもある。そんな中あえてブログを書く意味とは?分からない、分からないが今は書けば何かが変わりそうな予感というか、変わったらいいなという希望があるのかもしれない。今こうして書いていることで自分の中の混然とした何かが整理されているような気がしている。それでいいのかもしれない。こんなことでいいのかもしれない。どうせ書くならたくさんの人に読まれたい気持ちもあるけど、今は何かを書くことそれ自体が自分にとって意味があればそれでいいと思う。